ネットでお金儲け
ネットで生計をたてて行けたらいいな、なんて
ARCHIVES
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年07月 (4)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (8)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年08月 (4)


  • CATEGORY
  • お小遣い (38)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • インフォカート
  • Prize-Prize


  • PROFILE
    ya
  • Author:ya
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    金銭教育―小遣いから資産家の二世教育まで |榊原 節子
    金銭教育―小遣いから資産家の二世教育まで金銭教育―小遣いから資産家の二世教育まで
    榊原 節子
    総合法令出版 刊
    発売日 2001-09



    お金持ちは違う! 2005-09-18
    やっぱりお金持ちになる人は違いますね。
    きちんとお金のコントロール法を子どもの頃から教育されている。
    お金とは手段であり目的ではないということも。
    我が家でもできることから始めてみようと思います。
    まずは親ができることから。

    次代を担う子を育てている貴女へ、貴方への必読書 2001-10-15
    目からウロコ!お金に対しての発想の転換ができました。こういった観点からみた「お金」とその「教育」というものを知ることが出来たのは初めてでした。小さいお子さんやお孫さんを持つ方だけではなく、子育てを終わられた方にも是非読むのをお勧めしたくなりました。お小遣いをめぐっては子供の年齢に関係なく家族の間では年間を通して話題になることが多いのではないでしょうか。それなのに、なかなかそれが子供の自立を助けることにはなっていかないことが多いのではありませんか。この本の大半は子供であっても、お小遣いつまり自分の生活範囲のなかの「経済」ととらえることによって「創造性」と「考える力」を育むこと、前向きな「自分で考える子」「やる気のある子」、そして「自立した子」へのヒントが書かれてあります。後半はそこからずっと繋がっている「お金」の道としての信託・贈与・相続や、個人投資の王道は長期投資であることなどが専門的知識とともに紹介されていて、最後は真の「寄付」や「ボランティア」にはノウハウがいる、という内容でした。どれもみな“なるほど~こういう考えにもとずいていれば「お金」と共に賢く生きていけるのだなぁ~”と思いました。これからの世の中を引っ張っていく次代のお子さんを育てている方には“必読書”です。


    さらに詳しい情報はコチラ≫
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。